前へ
次へ

所有者になったら必ず不動産登記を

社会の高齢化が進み、徐々に不動産の相続件数も増えつつあります。
これに連動して相続トラブルが増

more

土地家屋調査士も不動産登記に関与する

司法書士のみならず、土地家屋調査士も不動産登記を手伝ってくれます。
ただし、土地家屋調査士の仕

more

不動産登記の流れと専門家に任せる意義

不動産登記は原則本人が行うこととされていますが、もちろん委任を受けた専門家なら代理人として行うことが

more

マイホーム購入後の不動産登記は

一戸建て住宅を購入する場合、費用としてかかってくるのが、マイホームの上物の金額と土地代です。
この二つがとても大きな支出となります。
建売一戸建て住宅の購入であれば、土地と上物が別々に金額表示されているわけではなく、土地と上物一式でいくらという表記になっています。
また、注文住宅の購入の場合は、まず土地を購入して、その土地に注文住宅を別途建てます。
こちらの場合は、土地代がいくらで、上物代がいくらという表記になるでしょう。
大きな支出はこの部分になりますが、実はそれ以外にもマイホームを購入するにあたり、費用が発生してきます。
数百万円とまではいきませんが、諸費用というものが発生してきます。
不動産を購入する時に必ず行っておかないといけないのが、不動産登記です。
不動産登記手続きを自分自身で行ってしまえば、この部分の費用は抑えることができます。

東宝ハウス城東のリノベ案内
Tリノベ公式サイトで絶賛ご案内しております

大阪のランドメイドは不動産買取で選ばれています
30年以上の実績と信頼があるので、たくさんのお客様ご好評をいただいています

しかし、一般的には不動産登記はかなり面倒な作業が必要になるため、司法書士事務所に相談して、対応してもらうことが多いです。
司法書士事務所に依頼すれば、当然費用が発生します。
書類を作成して提出してもらうことになりますが、それでも数十万円程度かかってきます。
マイホーム購入費用に比べてみると、数十万円は安いと感じてしまう人は多いですが、マイホームの費用と比べるのがおかしな話で、手続き費用で数十万円を支払うということだけで考えたら、かなりの支出になるでしょう。
今はインターネットというとても便利なものがあります。
インターネットを確認することで、不動産の登記方法がとても細かく記載されていますので、登記費用を抑えたいと考えているなら、自分で勉強して手続きを済ませてしまいましょう。
大きなものを購入した場合は、気が大きくなってしまい、金銭感覚がおかしくなってしまう人がいますが、その後の引っ越しでもかなりの支出が待ち受けているでしょうから、抑えられるところは抑えていくのが良いです。

Page Top