前へ
次へ

不動産登記の窓口申請のメリットとデメリット

不動産登記には、窓口申請があります。
不動産登記申請の申請書、あるいは添付書類をそろえ、法務局窓口にもち込む手法です。
窓口申請のメリットとしまして、申請する前に登記に関して法務局職員にアドバイスを求める機会が確保できる点です。
法務局で仕事に従事する方は、当然のこと不動産登記にもとても詳しいですので、スムーズにアドバイスを求めることが可能です。
ダイレクトに窓口に行って相談することができるのか、事前予約が必須なのかは、おのおのの法務局によって違ってくるため、先ず管轄法務局に電話を使って調べてみるのが良いでしょう。
窓口申請のデメリットとしては、やはり法務局まで出掛けるのに時間がかかる点でしょう。
役所関連については、営業時間が非常に短く、法務局も17時頃に閉まる事が多いといえます。
そして、土曜日、日曜日、祝日は閉館の場合が少なくありません。
相続が生じて、忌引休暇が多くない時間で手続きしようとしている人からすれば、時間的なマイナスが大きいと考えられます。

Page Top