前へ
次へ

不動産登記は何を目的にやるものであるのか

不動産の所有権の主張というのはどのようにあるのかと言いますとそこに実際に住んでいるからそれが主張できるというわけではないです。
あくまで不動産登記というものが行われている人が連続的に最も強く主張をすることができる権利というのがあっ不動産の所有権ということになります。
これがまず明確になっています。
登記主義ともいえるような制度になっています。
この不動産登記なのですが自分でやっても一切問題はないのですがなかなかに複雑であり面倒くさいものでもありますので多くの人が司法書士などにお願いするということがほとんどです。
これだけでも司法書士が食べていくことができることすらあるくらい需要があることになります。
不動産を買った場合は当然これをやらなければならないですし売った場合は打った人に変更しなければならないということになるわけです。
費用はかかることになりますが、それでもやらないと所有権の問題が出てきてしまうわけです。

Page Top